読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランス村&くろーねぶるぐ広報

『とびだせ どうぶつの森』『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』のお遊びと妄想を交えたプレイ日記です。

あなたの街の頼れる金庫番【スミ】

 ご機嫌いかがでしょうか。

くろーねぶるぐ広報のくろねこです。

給料日前ですね。

うちの給料日は多くの企業と数日ズレているので、

ATM行列に並ぶことはあまりありません。

 

 

 

 たぬきハウジングの社員ゆきのは、仕事帰りに生活費を都合しに行きました。

ゆきのが現金他財産を預けているのは、ATMで引き出せるようなお手軽な銀行ではなく、堅牢な要塞のごとく守られた貸金庫屋さんです。

f:id:reimskuroneko:20160322024330j:plain

 全景が撮りにくいので、上空から失礼します。

その貸金庫屋の屋主はスミさんで、湖の真ん中の小島にあります。

敷地内は檻や侵入者を防ぐ罠で溢れています。

f:id:reimskuroneko:20160322024815j:plain

 強力なライトで入口や建物を照らしています。

 紫色に光る眼の胸像は、レーザー認証機です。

左側の木の箱は侵入者探知機で、敷地内に入るとピーッと音を出します。

 手前の檻のかごは、原始的な罠です。ガシャンと足を挟まれます。

 奥には、専用の警備室にリセットさんが勤務しているそうです。

f:id:reimskuroneko:20160322025640j:plain

 こちらも夜通しライトで照らされています。

ちなみに、来客のないときは橋は檻で閉ざされているそうです。

 それでは、建物の中に入ってみましょう。

f:id:reimskuroneko:20160322025810j:plain

 こちらは、受付です。

屋主のスミさんに用件を伝えます。

来客の出入りも、しっかり監視カメラに撮られています。

f:id:reimskuroneko:20160322030027j:plain

 こちらは、待合スペースです。

準備が整うと、スミさんが呼びに来てくれます。

それでは、金庫室へ。

f:id:reimskuroneko:20160322030149j:plain

 こちらの檻の鍵を開けられるのは、スミさんだけです。

スミさんに案内され、ゆきのも金庫室へ入ります。

f:id:reimskuroneko:20160322030322j:plain

 金庫室ももちろん、監視カメラがばっちりです。

f:id:reimskuroneko:20160322030426j:plain

f:id:reimskuroneko:20160322030500j:plain

 現金に貴金属、機密書類まで、金庫室で守られているものはたくさんあるそうです。

ゆきのはしがない新社会人で大した財産はないのですが、スミさんとは物件建築を経て仲良くなった関係で、銀行代わりにさせていただいているようです。

誰が何を預けているか、スミさんはパソコンで管理しているそうです。

ゆきのも生活費をちょこちょこと取り出しました。

すると、スミさんの私室にご招待されました。

f:id:reimskuroneko:20160322031141j:plain

f:id:reimskuroneko:20160322031204j:plain

 スミさんの私室は、落ち着いたシンプルなお部屋です。

お金をたくさん持っているからといって、スミさんが派手な生活をしているわけではないのです。

f:id:reimskuroneko:20160322031915j:plain

 スミさん、今日はありがとうございました。

金庫への訪問は完全予約制ですので、他のお客さまと会うこともなくて安心です。

守りたい財産をお持ちの皆さま、スミさんの金庫へ預けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 それでは、次回の広報でお会いしましょう。

 

 

↓気が向きましたら、ぽちっていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ どうぶつの森へ
にほんブログ村


どうぶつの森ランキングへ